前立腺がんの治療方法は?

前立腺がんとは、前立腺(外腺)に発生する病気、がんの一つです。様々な組織型の悪性腫瘍が生じうるが、その殆どは腺癌で、通常は前立腺がん≒前立腺腺がんの意味で用いられます。日本で前立腺がんは癌死亡者の約3.5%から4%を占め、近年急増傾向にあります。前立腺がんに悩んでいる男性がたくさんいますから、前立腺がんの治療方法は重要です。本文では、前立腺がんの治療方法の情報についてご紹介します。

手術療法(根治的前立腺全摘除術)
腹腔鏡手術は一般に出血が少なく、傷口の回復も早い手術ですが、前立腺がんの腹腔鏡手術は高い技術が必要とされます。また、立体視できる画像と精緻な操作のできるロボット支援下の手術が平成24年度から保険診療の対象になり、急速に普及しています。

ホルモン療法
基本的な前立腺がんの治療方法です。というのも前立腺癌のほとんどが男性ホルモンによって成長するからです。男性ホルモンは脳の一部である下垂体というところから産生されるホルモンにより刺激を受けた精巣および副腎から分泌されます(精巣から95%、副腎から5%と言われてます)。よってこの男性ホルモンの作用を抑えることで前立腺癌を小さくしようという治療法です。

放射線療法
1.外照射
体の外から病巣にX線などの放射線を照射してがん細胞を死滅させる方法です。前立腺がんの場合、週5日の通院治療を2ヵ月間程度続ける必要があります。3D-CRTやIMRTと呼ばれる方法です。
2.小線源療法
放射線を出す線源を前立腺内に挿入して内部から放射線を照射する治療法です。組織内照射やブラキーセラピーとも言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です