前立腺がんの検診の情報について

前立腺がんとは、男性にだけ存在する前立腺から発生するがんです。前立腺がんは高齢者のがんといわれており、約90%が60歳以上の方で、近年急激に増えてきています。前立腺がんは一般的に進行が遅く、発がんしてからがんと診断されるま でには数年かかります。前立腺がんは非常に厳しい病気なので、前立腺がんの検診はとても重要です。本文では、前立腺がんの検診の情報についてご紹介します。

前立腺がんの検診の内容としては、血液によるPSA検査が基本です。年齢にもよりますが、この検査でPSA値が4.0ng/ml以上あった人の場合は、より詳しい検査を勧められることになります。ただし基準値に満たなかった男性も、また年に1度、定期的に検査を受けることが大切です。PSAで引っかかった場合は、引き続きエコー検査や直腸診、必要に応じてMRI検査などを受けます。

精密検査にはPSAの再検査や直腸診と呼ばれる検査があります。直腸診は肛門から指を入れ前立腺の大きさや硬さ、 前立腺表面の凸凹、触れると痛みがあるかなどをを触診します。また、超音波検査などでがんがないかを調べる場合もあります。超音波検査は直腸より超音波プローブを挿入し、前立腺の大きさ、形を見ます。MRIは前立腺がんの有無、進行度合いを確認します。

前立腺針生検で前立腺がんが発見された場合には、がんの進行度を見るためにCTやMRI検査を行います。また前立腺がんは骨に転移しやすいことから、「骨シンチグラム」で骨に転移がないかを調べることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です