前立腺・病気になったらED?

前立腺の病気例えば前立腺がんの場合は発生するのが尿道から離れた周辺部位ので、症状が出にくい特徴があります。そのため排尿障害やEDなどの自覚症状は現れにくく、直接的な因果関係は医学的にはあまり問題となっていません。

でも、前立腺がんの手術において、勃起に関わる神経を損傷してしまう可能性があると言われています。もともと骨盤内にはさまざまな臓器や血管、神経が複雑に入り組んでおり、勃起に関わる神経も前立腺のすぐ近くを通っています。だから治療のために前立腺を手術する際、神経が傷ついたり切断されたりするなどして、 ED の後遺症が残る場合があるのです。

また、この症状は前立腺がんに限らず、直腸がんや膀胱がんの手術にも同じことがいえます。そして、放射線治療によっても影響が出る場合もあります。

そして神経を温存する手術をおこなっても、術後しばらくは勃起機能が回復しないケースも少なくありません。しかし、2年くらいをかけてゆっくりと勃起機能が改善してくる可能性もあります。この場合では、シアリスなどの血流を促進することで、陰茎海綿体の繊維化を防ぐと考えられ、術後の勃起不全に悩んでいる人では、勃起機能のリハビリテーションとして取り入れてみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です